歯並びをよくさせる

正しているときには、ワイヤー調整のためにしっかりと2か月に1回程度は通院するといったことが重要です。さらに矯正して動かしていく歯は、放っておけば元に戻っておくことになりますが、矯正が終わった時には歯の後戻りを防げるように保定といった方法をしていくといったことにあります。そして、保定は取り外し式の装置を使った方法や、歯に針金を張り付けるような方法といったいろいろとやり方がありますし、その期間は2年程度のものから一生のものまで幅広くあります。そして、この保定をしっかりとしなければ、せっかくきれいに並んでいるような歯が後戻りしてしまうような状況を作ってしまいます。さらに保定期間中は数か月に1回程度は通院することになります。また、インプラント矯正は新しい種類の治療法ですが、矯正にかかってくるような治療期間が約半分になってきて、良い治療結果を得られるような注目の矯正法として活用できますので、便利です。

Categories: 生活