為替レート

円の為替レートのニュースなどでよく耳にするのが、円安と円高という言葉です。円高、円安という言葉はどういったものを指しているのでしょうか。円安とは、円の価値が相対的に低下している状態です。これまで80円でアメリカのキャンディが買えたのに、今は90円なければキャンディが買えなければ、円の価値が下がっていることになります。円安になったという状況は、こういう為替の変わり方をします。為替レートが円安になると、日本からの輸出が増加します。アメリカでは日本の製品が安く購入できるためです。日本では、アメリカからの輸入品の値段が上がり、購買意欲が下がりますので輸入が減少することになります。反対に円高というのは、円の価値が上がることをいいます。1ドル=100円が1ドル=95円になれば、円高です。円高は、日本に資金が流入し、日本円自体の価値が上がっている状態といえます。債券や株取引も、国外から国内への流入が活発になっています。アメリカ人がドルで日本の株を買う場合を考えると、株相場の変動に加えて、1ドル120円から1ドル100円になれば、為替レートの差も入ります。日本の株を買う海外の投資家の場合、株そのものの値動きに加えて、日本円のレートがどのように変化するかも大事といえます。為替レートの円高と円安についてきちんと理解しておくことは、投資をする場合にも非常に重要なことだといえるでしょう。

Categories: 生活